「現実と幻想の狭間」part7

悠希の部屋は電気すら付いていなかった。

「悠希・・・?」

咲は部屋の電気を付けて恐る恐る奥に進んでいった。

ベッド・・・タンス・・・机・・・
特に変わったところはない、ただ部屋にいるはずの悠希の姿が見当たらない。

「どこに行ったの・・・悠希・・・」

ザァァァァ~~~~


「部屋の窓・・・開いてる・・・??」


咲はベランダへと出た。
そこには気を失っているのか、悠希が倒れていた。


「悠希!!」

声を掛けると悠希は気が付いた。

「咲お姉ちゃん・・・?」

悠希はとても弱っているようだった。

「ちょっと待って、今綾音さん呼んでくるから!」

咲は綾音を呼び、悠希をベッドへと運んだ。

「悠希どうしたの?ベランダなんかでなにしてたの?」
「昨日茜お姉ちゃんがおかしくなってから、ずっと部屋にいたんだけど、夜中に声が聞こえたの・・・」

「声・・・?それって茜の声・・・?」

「多分そうだと思う・・・それでベランダに出てって言ってたの・・・そしたら急に力が抜けて倒れちゃったの・・・」

「ベランダ・・・なんでだろ・・・」

「咲お姉ちゃん!茜お姉ちゃん大丈夫!?具合良くなった!?」

悠希は気が動転しているようだった。
「大丈夫、私がなんとかするから、今日は寝たほうがいい・・・」

咲は悠希の頭を撫でると疲れていたのか、悠希はすぐに眠りについた。

「ベランダか・・・」

咲はベランダに出て手がかりを探してみたが、特に変わったところはなかった。
部屋に戻り、窓を閉めると床と窓の間に紙が挟まっていた。

「なにこれ・・・」


その紙には、1行の文章それに名前らしきものが書かれていた。


*汝、暁に流星が輝くとき導かん、永久の大地へ*


*汝の名は‘茜‘*


「え・・・なんでこんな紙切れに茜の名前が・・・そういえばこの前茜が古本屋で面白そうな本見つけたって言ってた・・・」


咲は茜の部屋でその本を探し始めた。
その本は茜の机の上に半開きの状態で置いてあった。
よく見ると最初のページが千切れている。
「これかな・・・本の題名は・・・なんて書いてあるんだろ・・・英語・・・?そうだ、綾音さんなら読めるかも・・・あの人外国のこと詳しいから」


咲はパソコンのある自室へ戻った綾音のところへ向かった。

「綾音さん」

「咲お嬢様いががなさいました?」

「これ読める・・・?」

咲は本を綾音に渡した。

「この本は・・・フランス語ですね・・・これをどこで?」

「茜の部屋にあったの、あとこれ・・・」

悠希の部屋にあった紙切れを取り出す。

「こっちは日本語ですね・・・!?」

「どうしたの・・・?」

「これ・・・内容が1ページも書かれていません」


「え?」


「題名は遙かなる悠久の大地・・・と書かれているようですが・・・」


「内容がないって・・・一体・・・」

「確かにこの切れ端はこの本の物のようですが、日本語なのもおかしいですね・・・」

「綾音さん・・・ネットになにか載ってないかな・・・?」

「探してみます・・・咲お嬢様は今日のところはお休みください。お疲れのようですし・・・」

「大丈夫・・・それに、今日は帰る・・・予・・・定だし・・・あれ・・・?」

「今日あれだけ動き回ったんですもの、お疲れなんですよ。ご家族の方には連絡してありますので、私のベッドで良かったら使ってください」


綾音はくすっ笑いながらベッドを直し始めた。

「アハハ・・・んじゃお言葉に甘えて今日は寝ます。なにか分ったら起こしてください」

「はい、それではおやすみなさいませ」

「うん・・・ありがとう・・・おやすみ」


咲は目を閉じると、そのまま眠りについた。



今日は結構書いてみましたwww
最近INしていないな~アサシンやってるのもあるけど、最近夜家にいないことが多いのでwww

小説もようやく序章終わりそうww
まだ序章かよΣ(=゜ω゜=;)

こりゃ長編だな~www

まあ自分のペースでやっていきますので、暖かく見守ってくださいww

では、また^^
フリフリ ~~~ヽ(゜▽゜*)Ξ(*゜▽゜)ノ~~~ バイバーイ♪


2008/09/19 01:02 | 小説COMMENT(1)TRACKBACK(0)  TOP

最近ハマってるゲームw

やほーo(≧∇≦o)(o≧∇≦)o
セイバーです。


最近某動画サイトで実況動画を見ることが多いのですが、
その影響で、新しくゲームを始めました!w

51g9Ck3esAL__SL500_AA280_.jpg


その名も
アサシンクリード!


かなり自由度の高いアクションゲームです。
驚くのは画像のキレイさ!!

かなりすごいですww

舞台はまだ十字軍が猛威を振るっている中世ヨーロッパ。

主人公はある宗教団体の中にある、暗殺組織の一員で各都市の要人を暗殺(?)していく、ゲームです。

ただ、このゲームパソのスペックがある程度ないと処理落ちがやばいですww
(ちなみに私のパソのスペックは、CPU>Core2 6600 グラボ>8600GT メモリ>4G・・・これに関してはxpなので1.2Gほど無駄ですがw)

これでも重いww
ゲームプレイ推奨のパソじゃないときついかもですww
@PC版は英語オンリー字幕無しですww
私にとってはかなりきついですが、動画でおさらいしてますww

今は友達と競走中w
このまま行くと私の圧勝になってしまいそうだったので、友達から提案が。

「OOの家で二人でやって、ライフが1増えるごとに咲一気ね」


(゜ロ゜;)エェッ!?


きつい・・・ってか死ぬww


このゲームいろいろサブイベントをクリアしてゲージを貯めると、ライフが増えていくんですが、

その時々で飲めと!?

やってやろうじゃないの!ヽ(`Д´)ノ


それで先週の土日は友達のお家でゲームしてましたww
見取り図w
Untitled.jpg

パソが二台ってすごいよね~ww
しかも両方自作ww

そしてなんだかんだで、かなり差が詰まりました・・・orz

特になにか罰ゲームあるわけじゃないけど、

負けたくない!(゚Д゚#)


まあ私の個人的意見はさておいてww

興味がある方はぜひ動画を見てみてね^^


(なお本ゲームはこの動画のようにおもしろBGM、変なボイスなどは収録されておりませんww)

では、感想お待ちしてます^^

フリフリ ~~~ヽ(゜▽゜*)Ξ(*゜▽゜)ノ~~~ バイバーイ♪

2008/09/08 23:36 | プライベートCOMMENT(5)TRACKBACK(0)  TOP

「現実と幻想の狭間」part6

咲は図書館に着くと医学的な本が並ぶ棚へと足を向けた。

「神経・・・移植・・・心臓・・・ここかな・・・」

咲は手当たり次第に本を集め机にかじりついた。


「心臓の機能・・・心臓の弁の役割・・・心肺機能の低下による身体への影響・・・」
結局図書館の閉館時間まで本棚と机の往復ばかりしていたが特に手がかりになりそうなものはなかった。

咲は疲れた目を擦り眠気で虚ろになりながら、電車に揺られていた。


「茜は私が・・・たす・・・け・・・るんだ・・・」


咲は電車の揺れの心地よさもあったのか眠りについた。


そして咲の夢、暗闇の中でその声はまた聞こえた。


咲・・・咲・・・


「!」


咲・・・悠希が・・・


悠希は茜の2つ違いの妹の名前だった。


「悠希がどうしたの!?もしかして悠希にもなにかあったの!?」



咲・・・待ってる・・・



!!



そこで咲の目は覚めた。

目の前には仕事で疲れたサラリーマンの姿。
隣には携帯を開いてメールを送る中学生。

もちろんそこに茜の姿はなかった。


「悠希・・・!」


咲は次の駅で電車を飛び降り茜の家へと急いだ。

茜の家に着いたときには22時を回っていた。
咲は迷惑を承知で呼び鈴を鳴らした。



「はい」

「綾音さん、咲です。こんな夜分にすいません」

「咲様、いえ奥様から、咲様はいつでもお通しするように賜っていますので・・・」

門が開き咲を招き入れる。
「咲様申し訳ございません・・・ネットの方にも特に有力な情報は・・・」


「やっぱり・・・綾音さん、悠希います?」


「悠希お嬢様なら、自室におりますが・・・茜お嬢様の姿を見てから一度も出てきておりません・・・」


「そっか・・・ありがと」

咲は悠希の部屋へと急いだ。


「悠希!!」

バタン!

咲は部屋のドアを開けた。




このままいくとすごい長編になりそうな予感が・・・ww
ペース遅いですねw
これからちょっとペースupしたいと思いますw

では、次回お楽しみに^^

フリフリ ~~~ヽ(゜▽゜*)Ξ(*゜▽゜)ノ~~~ バイバーイ♪

2008/09/08 14:44 | 小説COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

キリンハメw

いい狩りしてる?o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o
セイバーです。


最近は車が故障したために新しく買う車をシャナたんと模索していたら、ほぼINできない状態になってしまいましたww

パソコンはほぼチャットに使ってましたしww

おかげさまで、車も決まり再来週には納車です^^
(ただ弟の友達の車を格安で譲ってもらったんですよねww)

友達の車なのに納車?と思うかもしれませんが、結構汚かったので全塗装してもらってますww

私個人はあまり好きな車じゃないのですが、シャナたんの要望がかなり強かったので決めましたw
(まあほとんど横に乗せるの彼氏かシャナたんなんで別にいいかなと思って買いましたww)

意外とMT好きな私なのでそこだけは気に入っています^^

納車されたらうpしますのでお楽しみに^^ノシ


さて・・・
久々にMHの話を掲載していこうと思いますww

3.5にアップデートされてますます盛り上がってますねw
100オーバーのクシャ&キリンとか出ちゃってますしww

攻撃力高すぎでみんな苦労してるみたい><

まあアップされたその日にキリンは行きました^^
(にいなさん、airaさん、AGITOさんとね)

ガチきつい・・・雷耐性90だからなんとか耐えてるけど、突進が痛すぎ・・・TOT

なんとか倒せたけど、その苦労がイヤで今日はハメてきましたw
mhf_20080904_222658_640.jpg

肉を置く人に制裁をwwmhf_20080904_223029_312.jpg


ハメ楽ですねww
実感しましたヽ(´ー`)ノ


まだクシャは行っていませんが、ぼちぼちやっていきたいと思います^^

今日は注文したゲームが来てそれにはまってますw
(ってか友達と競走してますw)

そのゲームの詳細もまたうpしますね^^
では今日はこの辺でw

フリフリ ~~~ヽ(゜▽゜*)Ξ(*゜▽゜)ノ~~~ バイバーイ♪

2008/09/04 23:09 | MHFネタCOMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

「現実と幻想の狭間」part5

ドアを開けたその先にはベッドに横たわる茜の姿。

端から見ればなんの異常もなさそうに眠っているように見える。

「茜・・・?」
咲は茜に近づき様子を確認しようとした。

「え?」

息をしていない。

「嘘・・・でしょ?え・・・なんで・・・?」


咲は腰が抜けたように床へ座り込んでしまった。

「咲ちゃん・・・」

紫が咲に声を掛けると、咲は泣き崩れた。

「嘘!昨日普通に一緒に帰ってたのに!なんで・・・どうして・・・」

我を忘れたかのように泣き叫ぶ咲。

それからどれくらい経っただろう、咲の涙も落ち着きを見せ始めた頃、紫が話し始めた。

「茜は昨日は帰ってきて夕飯も食べないで、部屋に行ったわ、それから部屋に誰も入れないようにって、綾音に言ったらしいの・・・」

綾音も今にも泣きそうな顔で話し始めた。

「茜お嬢様は部屋に戻ると、そのままお眠りになったようで部屋からは物音一つ聞こえなくなりました・・・私はお嬢様がお疲れなのだと思い、そのまま朝まで部屋には入らなかったんです・・・」

「それで朝になったらこうなってたの・・・?」

咲が枯れそうな声をひねり出す。

「はい・・・でもおかしいんです」

「え・・・?」

「確かにお嬢様は息をしていらっしゃらないのですが、心臓は動いているんです」



ありえない。


普通の人間ならば心臓が動いていれば息もできるはず、それを綾音は息はしていないのに、心臓が動いていると言うのだ。

咲は茜の胸に耳をあてる。

ドッド、ドッド、ドッド・・・

「ほんとだ・・・動いてる・・・」

「お医者様もありえないことだと言って先ほど、前例があるかどうかお調べに行ったのです」

「死んでる訳じゃない・・・」

咲は立ち上がった。

「綾音さん・・・この辺で1番大きい図書館はどこです?」

「え・・・?それだったら多分隣の市の国立図書館だと思いますが・・・」

「紫さん、綾音さん。私も調べてみる」

「咲ちゃん・・・わかったわ。お願いしていいかしら」

紫は気丈には振舞っているが、相当疲れているようだ、一緒には無理そうだった。

「綾音さん、ネットでそれらしい情報探してもらっていいですか?」

「わかりました・・・やってみます」

咲は茜の顔をもう一度しっかりと目蓋に焼き付けた。
「それじゃ私行ってきます」

茜は隣市へ急いだ。




さてさて茜の運命はいかにw

続きお楽しみに^^
フリフリ ~~~ヽ(゜▽゜*)Ξ(*゜▽゜)ノ~~~ バイバーイ♪

2008/09/04 01:16 | 小説COMMENT(1)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |