「現実と幻想の狭間」後記

いやはや、終わりましたw

何年掛かってんだよwいやマジで!ww
イメージが浮かんだのはいいんだけど、
こうか?いやいや、こうだろ!とか考えてたら時間掛かりましたw

まあ終わらせられて良かったですw
最近はMHFもさっぱりやる気湧かなくなりましたw

やってられないってのがあるんですけどね。
近いうちに引退を考えております。

そうなるとこっちの方も個人的なネタでしか更新しないかもですね~。

とりあえず年の瀬も近いので今年の更新もこれがラストでしょうw
んでは少し早いですが皆様良いお年を~(´∀`*)ノシ バイバイ

2011/12/29 21:48 | 小説COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

「現実と幻想の狭間」part40

「咲・・・咲・・・」

火口付近でにいなは悔やんでいた。
止められなかったことを・・・。

「イケニエニメンジテ、コンカイハミノガシテヤル」

古龍が語り始めた。

「オナジアヤマチヲクリカエサヌコトダ」

古龍は静かに火口へと帰っていく。

「にいな・・・」
airaがにいなへと寄り添う。

「こんなことになるなんて・・・」

「悲しんでなんていられないよ、もう戦争なんてやめないとそれが命を掛けてくれた彼らに報いること」

「・・・うん」

「あんなものを従えようとしていた我々が間違っていた」

そこには敵国の兵士MASANORIがいた。

「私達が望むのは両国の平和、戦争なんかじゃない、きっともうそっちの国に停戦の申し出が届いてるはず」

「え・・・?」

にいなが不思議そうな顔でairaを見る。
「騙すつもりはなかったけど私は国の諜報機関なの、これ以上の戦争は両国の負担にしかならないから」

「確かにairaは村の生まれじゃなかったしな」

「どんさん・・・」
どんたちも火口へと到着していた。
「仮に古龍なんか従えてしまったらどうしようかと思ったけどね・・・」

「本国に帰還だ・・・いくぞ、りお」

「はい・・・隊長・・・」

2人は火山を下りていった。

「さて、それじゃ俺達も下りるか、やらなきゃいけないこともあるだろうし」

どんたちも山を下りようとした。

「ちょっと待って」

「これはここで勇敢な戦士が死んだ証・・・」
にいなは自分が使っていた剣と咲の片手剣を突き立てた。

「私も・・・」
airaも持っていた武器を突き立てた。
「よしっ!行こっ!みんな」

にいなたちも山を下りていった。

   ・
   ・
   ・

「・・・あれ?」

咲は彩音のベッドで目を覚ました。

「ここって・・・茜の・・・家?」

バタバタ・・・!バン!

「咲様目を覚ましましたか!あ、茜お嬢様が!」

「え・・・?あれ?」
咲は状況が飲み込めずボケーっとしている。

「茜お嬢様が目を覚ましました!さ、お早く!」
咲は彩音に連れられ茜の部屋へ。

「茜・・・?」

そこにはベッドの上で自分が無事なのを確かめるように身体を見つめる茜がいた。

「さ・・・き・・・?」

「茜~!」

咲は形振り構わず茜に飛びついた。

「ちょ・・・重たいよ」

「ひどい!もうちょっと違うこと言えないの!?」

「いや、おもた・・・」

「もういっぺん言ってみな・・・?あ゛?」

「ナンデモナイデス」

「いや、でも目を覚まして良かったよ~、でもなんで死んだように寝ちゃってたんだろうね」

「あんまり覚えてないんだよね・・・ん?これは」

茜は自分の机に置いてあった本を取る。

「この本がね、すっごく面白かったのは覚えてるんだよね~」

「私も見たけどそれ読めないって・・・」

「フランス語だもん・・・あれ・・・?」

茜は手に取った本をまじまじと見た。

「どしたの?」

「これ日本語だったけな?」

その本には日本語で内容が表記されていた。

「あれ?ほんとだ、ちょっと読ませてよ」

咲は本を手に取り読み始めた。

「なになに・・・ん?これ面白いじゃん!」

「ちょっと!あたしの本だよ!」

「やだ、もうちょっとよませ・・・」

グ~・・・

鳴り響くお腹の音。

「クスッ」

「ひど~い、彩音さん笑ったでしょ!!」

「いや、今のは笑うでしょ」

「ちょ!茜まで!!」

ギイィィ~

「お姉ちゃん起きたの~?」

寝ぼけ眼で悠希も茜の部屋に入ってきた。

「お、丁度いいじゃん!彩音さん!ご飯ご飯!」

「かしこまりました。では皆様、食堂の方へ」

「べ、別にお腹が空くのは生理現象だからしょうがないでしょ~!」

「分かったって、彩音さん咲は大盛りでね~」

「私も大盛りがいい~」

「普通でいいってば~やめてよ~」

3人は食堂へと移動していった。

机に置かれた本のページは物語のラストのページ。
そこにはこう綴られていた。

"2人と1匹の犠牲により古龍は再び眠りにつき、両国ともに手を取り合う形でこの国には平和が訪れた。
両国の中央広場には永久の平和を願い犠牲となった2人と1匹の銅像が建立された"

2011/12/29 21:31 | 小説COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |